院長紹介

  • 院長:石黑 久貴
  • 経歴
  • 1982年
  • 国立宮崎医科大学 医学部医学科卒業
  •  〃
  • 東京女子医科大学 消化器内科臨床研修医
  • 1988年
  • 東京女子医科大学 消化器内科大学院修了
  • 1992年
  • 東京女子医科大学 附属青山病院助手
  • 1998年
  • 同講師となる
  • 2001年
  • 同病院退職
  • 2002年1月
  • 石黑内科クリニック開設
  • 学位・資格
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 内視鏡専門医・内視鏡指導医
  • 日本東洋医学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 練馬区医師会会員
  • 略歴
  • 東京女子医科大学に20年間在籍。大学院ではすい臓、胆道疾患の臨床・形態・生理を中心に研究。
  • ライフワークはERCP、超音波内視鏡、上部内視鏡等の内視鏡学。
  • 東京女子医科大学附属青山病院では胃ガンの内視鏡治療を担当し、腹腔鏡のアシストや消化器疾患症例を多数経験。
  • 得意分野は内視鏡。専門分野は消化器系(胃、胆嚢、脾臓)だが内科全般を広範囲に扱う。
  • 趣味は卓球、テニス、旅行(妻と行きます)など。明朗闊達な性格。
  • 院長より皆さまへ
  • 石黒内科クリニックは地域密着医療を目指してこの地に開業いたしました。成人病の予防、ガンの早期発見等、プライマリーケア(初期医療)に力を入れ、地域の皆さまの健康を守るため、日夜奮闘しております。
  • ちょっとした体の不調と思うことでも、大きな病気につながることがあります。病気の芽を見逃さず、大事に至る前に適切な処置が行えるよう、どんなことでも気軽にご相談いただける皆さまのホームドクターとして力を尽くしてまいりたいと願っております。
  • (2017年10月1日現在)

このページの先頭へ